LSF-777
c0159952_23432271.jpg

いよいよオーディオ熱<完結編>である。
実は、今回のオーディオシステム一新の少し前にスピーカーを買い増ししていた。
そいつの名はLSF-777、KENWOODの名機だ。
ハードオフで美品がお値打ちで出ていたので衝動買いした。
と言っても、以前に下位機種のLSF-555を所有していて、昔から憧れを持っていた。

このスピーカー、名機の名に恥じない、とても良い音がする。
良い音というか、心地いい音と言った方が良いかも知れない。
一言で表現するなら「リッチな音」がするのだ。
それはこのサイズとは思えない豊かな低音によるところが大きい。
音の印象は低音寄りのフラットと言ったところで、とてもナチュラルな音質。
高音域も刺激的な音は出さず、滑らかでクリア。

思った通り、ONKYOのオーディオとも相性が良いようだ。
LSF-777は低能率のスピーカーだが、A-9000Rはしっかり鳴らし切っている。
また、箱の作りもリアルウッドが使われていて高級感があり満足度高し。
今まで使っていたSS-G33とは対照的な音で面白い。
SS-G33では少な目の低音を補うためにスピーカーケーブルにCANARE 4S8を使っていたが、これをLSF-777でそのまま使うと低音が出過ぎ&高音がやや物足りなかったので、新たにaudio-technica AT-ES1500を購入することに。
すると思惑通り、低音がスッキリし高音も透明度が上がり見通しの良い音になった。
こんな風に好みの音質へと調整、試行錯誤するのもオーディオの楽しいところ。

と、まぁこんな感じでオーディオを一新したのであった。
PCで聴くハイレゾ音源が流行りつつあるが、僕はやはりCDプレーヤーで腰を据えて聴く音楽スタイルが好きだ。
CDを一枚取り出し、プレーヤーにセットし、CD一枚をまるっと聴く。
円盤をクルクル回してリアルタイム再生という聴き方はもう古いのかも知れない。
実際昨今ではCDプレーヤーどころかミニコンポすら無い家も少なくないようだ。
もっぱらスマホでYouTubeやダウンロードというのがポピュラーな鑑賞スタイル。
それはそれで便利で、実際僕もPCでソフト再生するというのは重宝している。
しかし、やはり僕は気に入った音楽は「物」として手元に置きたい派なのである。
かつて「ジャケ買い」という言葉があったように、ジャケットのアートワークも音楽と共に楽しみたい。

せっかくなので、ここで現在のシステムを記しておくとしよう。
CDプレーヤー ONKYO C-7000R
プリメインアンプ ONKYO A-9000R
スピーカー KENWOOD LSF-777
スピーカー SONY SS-G33
ヘッドホン audio-technica ATH-A900 earpad mod
ヘッドホン AKG K701 bass mod
オーディオケーブル audio-technica AT-EA1000
デジタルケーブル audio-technica AT6D49
スピーカーケーブル audio-technica AT-ES1500
インシュレーター audio-technica AT6099
オーディオラック Pioneer B-102
自作電源タップ Panasonic WN1512K
壁コンセント Panasonic WN1318K
[PR]
by yamatobito_yokki | 2016-03-27 02:05 | その他 | Comments(0)


<< どうやらハズレを引いてしまった... Reference Hi-Fi >>