<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
撮影と散策
c0159952_0501034.jpg

今日は、先日お会いしたカメラマンさんと撮影を御一緒することに。
棚田をチェックし、稲渕や天空の村、亀石などなど。
朝から夕方まで飛鳥を散策しつつ撮影を楽しみました。

お声をかけてくださった村の人とのお話も為になって良かったです。
今日撮った写真は、また後日アップしたいと思います。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-30 23:58 | 風景 | Comments(0)
郷愁
c0159952_0333733.jpg

c0159952_0343191.jpg

c0159952_0345743.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-30 00:36 | 風景 | Comments(0)
天から恐怖の大王が降ってくる
c0159952_0495022.jpg

我が家ではこの時期になると天井から降って来る者がいる。
そいつの名はムカデ。
百足と書いてムカデ。

あーいやだいやだ!
田舎暮しの木造住宅、しかも築ウン十年。
回りを見渡せば…山と田んぼ。
時どき都会暮しがうらやましくなる。

百足さん、今年もさっそく活動をはじめたようで。
さっきお風呂から出て部屋に戻って来ると発見。
これまたデカイ!体長20cmはあるだろうか…。

いつ何度見てもキモイ(汗
あー、また今年も恐怖に怯えながら寝なきゃならんのか。。

「カサカサッ、ボトッ」
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-29 01:13 | 風景 | Comments(0)
幻想の森
c0159952_0363796.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-28 00:37 | 風景 | Comments(2)
いどこ
c0159952_23514110.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-27 00:21 | 風景 | Comments(0)
シャワー
c0159952_0501655.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-26 00:53 | 風景 | Comments(0)
いなか道
c0159952_23591710.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-24 23:58 | 風景 | Comments(2)
偵撮
c0159952_0354527.jpg

田植えの季節。
だんだんと大和でもたんぼに水が張り始めました。

ということで飛鳥の棚田はどんな感じか偵察ならぬ偵撮に。
まだ時期的に早いのか、天候によるのかカメラマンの姿は見えない。
と思いきや、小雨降るなか黙々とシャッターを切っておられるカメラマンがお一人。
タイミングを見計らって声をお掛けすると、気さくな方でつい話込んでしまった。
色々勉強になる事も教えて頂いて楽しかったです。

c0159952_036948.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-22 23:58 | 風景 | Comments(8)
夜道に日は暮れない
c0159952_23441341.jpg

今夜は夜風が気持ち良いですね。
ここは、ちょっと前に友人が連れて行ってくれたお寺です。
ちょうど夜の帳が下りた頃の小径を写し撮ってみました。
とても静かで、今にもお侍が歩いて来そうな、そんな和の雰囲気に身が引き絞まったのを憶えています。

c0159952_053559.jpg

c0159952_06423.jpg

c0159952_063387.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-22 00:13 | 寺・神社 | Comments(2)
どんづる峰
c0159952_1365271.jpg

屯鶴峯(どんづるぼう)と言うスポットを御存知でしょうか。
僕はつい最近知りました。
まさか、大和にこのような不思議な場所があるとは…。

-屯鶴峯とは-(Wikipediaより抜粋)
二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、
1500万年間の風化・浸食を経て奇岩群となった標高約150mの岩山。
県天然記念物。

とのこと。
訪れてみると、ソコには期待を裏切らない奇妙な世界が広がっていた。

c0159952_1433779.jpg

c0159952_1581998.jpg

c0159952_1583521.jpg

c0159952_1584986.jpg

c0159952_159338.jpg

c0159952_1592557.jpg

c0159952_1594057.jpg

c0159952_210660.jpg

灰白色の断崖が鶴の群れに見えることから名がついたと言う、屯鶴峯。
一面に広がる真っ白な世界は、太古の大和にタイムスリップしたかのよう。
ボクの目には、まるで巨大な恐竜が蠢いているように見えた。

巨石・奇岩好きとしては堪らない場所。
それからというもの、ここは僕のお気に入りスポットにランクインしたのだった。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-05-21 01:55 | 巨石・奇岩 | Comments(2)