<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
岩の箱舟
c0159952_23544933.jpg

橿原市の白橿町にひっそりと鎮座する、謎の巨石がある。
巨石と言うより、岩と呼ぶ方が相応しいかもしれない。
その名を「益田岩船(ますだのいわふね)」と言う。

東西約11m、南北約8m、高さ約4.7mという巨大な石造物。
その重量は160トン〜800トンと推定されている。
これは飛鳥地方の石造物の中でも最大級で、その迫力たるや石舞台古墳をも凌ぐ。

c0159952_0411266.jpg

小高い丘をインディージョーンズさながらに駆け上ると現れる、黒い物体。
初めて訪れた時はあまりの異様さに尻込みした。

c0159952_046521.jpg

何なんだこれは!!
岩船と名が付いているが、ホントに岩の船のようだ。

c0159952_0565170.jpg

少し上から巨石を見る。
四角い穴が二つ、ぽっかり口を開けている。
昔はここから町を一望出来たらしいが、今は竹林が茂っていて全く見えない。

c0159952_125165.jpg

さっきの場所から降りて右側面を見てみる。
反対側と違い、こっちは石が地中に埋もれているようだ。
助走をつければ石の上に登れるかも?

c0159952_181510.jpg

登ってみた。
見てみると二つの穴に水が貯まっている。
手前の穴の方が水の量が少ないようだ。
不思議なことに、手前の穴にだけアオコが発生している。
それにしても綺麗に加工されている。

c0159952_11362.jpg

石の上から降りて案内版のある側面を見てみる。
亀裂が入っているようで、水漏れがある辺りにコケが茂っている。
上半分と下半分を観察すると、明らかに上の方が綺麗に整えられているのが解る。
これは石が加工途中である証拠らしい。

c0159952_1184490.jpg

近くに寄って下側を見てみる。
結構アチコチで水漏れがあるようだ。

c0159952_1275888.jpg

この角度から見るとホントに岩船のように見えなくもない。
かなりゴツゴツしている…まさに岩肌と言ったところか。

c0159952_1303479.jpg

例によって人と比べると巨大さが解りやすい。
鬱蒼とした竹林に隠されている事もあり、かなり異様な雰囲気。

この岩船、誰がいつ何の為に加工したのか解明されていないらしい。
つまり用途不明なのである。
最も可能性があるのは、古墳の石室に使う為とか。
それにしても、これ程の巨石をどうやって運んだのだろうか?
元々ここに存在した巨石を加工したとの説もあるらしいが、どうも合点がいかない。
と言うのも、回りには何も無く、この巨石だけがポツンとあるから。

しかしまぁ、謎は解明されない方がロマンがあって楽しい。
マイナーゆえ訪れる人は少ないと思うが、是非立ち寄って欲しいスポットのひとつ。
個人的には石舞台より魅力的だと思う。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-14 01:55 | 巨石・奇岩 | Comments(0)
崩壊
c0159952_035075.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-13 00:05 | スナップ | Comments(0)
女渕
c0159952_23545731.jpg

飛鳥川の上流、奥明日香は柏森に静かに流れる滝がある。
「女渕」と呼ばれるその淵は深く、6mの竹を刺しても底に届かなかったとか。
竜神が住み、古代には天皇の雨乞いが行われたとの伝承も残るとのこと。

去年はじめて訪れたが、独特の凛とした空気が漂っていた。
後ろを振り向くとホントに竜神が睨みをきかせていそうな雰囲気。
やはり、こう言う場所では“視線”を感じずにいられない。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-10 00:52 | 風景 | Comments(0)
飛鳥川 清流
c0159952_0395655.jpg

静かに流れる、飛鳥川。
子供の頃は川でよく遊んだもんです。

c0159952_0411315.jpg

c0159952_0413418.jpg

c0159952_042272.jpg

c0159952_0422168.jpg

この日は蒸し暑かったのですが、川辺に降りるとスーっと涼しくなり…。
思わず素っ裸になって泳ぎたい衝動に駆られましたが、なんとか抑えました(^^;
まぁ、足だけは川に入って撮影してたんですが。
水がとても冷たく清らかで、すんごい気持ち良かったです。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-09 01:04 | 風景 | Comments(0)
地上の星
c0159952_23501284.jpg

ふと、夜景が見たくなった。
そんな時はここが良い。

c0159952_2359403.jpg

c0159952_23595882.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-08 00:19 | 風景 | Comments(2)
イトトンボ
c0159952_2352262.jpg

蜻蛉「何だオメーは?ジロジロ見んじゃねー」
ボク「あ、いやカッコイイなと思いまして …あの、一枚良いですか?」
蜻蛉「しゃーねーな、5秒で済ませな」
ボク「カシャ!、トンボさんありがとう♪」
蜻蛉「ふん、またな」
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-06 23:58 | いきもの | Comments(0)
日暈
c0159952_23402661.jpg

「輪っかがある」
そう言われて見上げた空。
そこには、太陽を囲む巨大な“光の輪”があった。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-05 23:55 | 風景 | Comments(0)
おんぶにだっこ
c0159952_0273247.jpg

田んぼを覗き込むと色んな生き物がいるんですよねー。
オタマジャクシにタニシ、カブトエビにアメンボ。
ほらっ、ここにも!
懐かしいなー、…ってあれ?何か合体してますね(笑
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-05 00:39 | いきもの | Comments(0)
明日に香る
c0159952_22533434.jpg

明日香は細川の棚田。
今年、その夕景を狙って何度も足を運んだ。
焼けには出逢えなかったが、心の故郷を肌で感じることが出来た。

c0159952_23582715.jpg

c0159952_23585057.jpg

c0159952_2359895.jpg

また来年、叶うならば…。
明日に香る心を抱きつつ、今年最後の細川を後にした。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-03 01:13 | 風景 | Comments(2)
夫婦岩
c0159952_0191851.jpg

久しぶりに巨石シリーズ。
信貴生駒スカイラインの道沿いに、ひっそりと鎮座する巨石がある。
去年の夏、友人を半ば強引に誘って訪れた。
縦横5mはあるだろうか、想像以上に巨大でオーラがあった。

「夫婦岩」という名がついているが、実際には3つの巨石が存在する。
その内の2つが隣接していることから名がついたのだろう。

c0159952_121252.jpg

人と比べると巨大さがお解り頂けるだろう。
巨石の下には何本もの木の枝が宛てがわれており、実に奇妙だ。
まるで木の枝が巨石を支えているかのよう。

近くには大小の石が散在しており、なんらかの遺構であることは間違いない。
そう、これは磐座(イワクラ)だ。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2009-07-02 01:15 | 巨石・奇岩 | Comments(0)