<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
大雪の日
c0159952_22373493.jpg

この日は全国的に大雪となり、奈良でも20cmを越える雪が降り積もった。
子供の頃は雪が降ると胸躍ったものだが、今もその気持ちは変わらない。
雪が降り続く朝、僕はカメラを持って散歩に出かけた。

c0159952_23113798.jpg

c0159952_23125119.jpg

c0159952_2313830.jpg

c0159952_23132090.jpg

c0159952_23135676.jpg

c0159952_23141863.jpg

c0159952_2314389.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-02-14 22:35 | 風景 | Comments(0)
初鳥見山
c0159952_10474068.jpg

この日は祝日、建国記念の日。
前から行ってみたかった鳥見山方面へぶらっと車を走らせた。
細い道をくねくねと登っていくと雪が残っていた。
危ないので途中で車を降り、徒歩で公園まで行くことに。

オフシーズンということもあり、一人静かに公園内を散策。
雪に足をとられないように注意しながら展望台を目指す。
到着すると眼下に大和盆地、宇陀の山々が一面に広がった。
澄んだ空気が清々しく、とても気持ち良かった。
また今度、紅葉や雲海の時期にも行ってみたいな。

c0159952_11143878.jpg

c0159952_11154211.jpg

c0159952_1117994.jpg

c0159952_11164877.jpg

c0159952_11291825.jpg

c0159952_11293466.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-02-11 23:00 | 風景 | Comments(0)
K-5IIs
c0159952_1030635.jpg

実は、昨年末にNewカメラをGETした。
そいつの名はK-5IIs。
まさしくプレミアム・スモールの名に恥じないカメラだ。

今までは初デジタル一眼レフとして購入した、nikonのD40がメインカメラだった。
組み合わせていたレンズはNikkor 18-70。
小型軽量、シンプルなデザインで手軽に持ち出せるのがグッドだった。

しかし、その一方でずっと気になっているカメラがあった。
それが他でもない、PENTAXのK-7である。
時が流れ、K-7はK-5へとモデルチェンジし、さらにK-5II/K-5IIsへと進化した。
新型上位機種のK-3が発表されたタイミングで、遂に憧れのK-5IIsを手に入れた。
ちなみに人生で初めて新品で購入したカメラである。

最近のデジイチは撫で肩で丸っこいものが多い中、K-5IIsのエッジが効いた男らしいデザインは格好良いの一言。
やはり、カメラもクルマもカクカクしている方が断然好みだ。
さらにマグネシウム合金のクールでガッチリとしたボディ感覚はD40では味わえなかったもので、非常に満足感が高い。
高剛性&防塵防滴ボディ、各部のモノとしての作りの良さは流石。

レンズの選択はDA 18-135とDA 17-70、それにSigma 17-50で迷いに迷った。
が、まずは純正レンズを選んでおくのが無難だろうという結論に。
その中でもDA 18-135はキットレンズにもなっているし、見た目のバランスも良い。
簡易防滴構造というのもイザという時に安心のレンズだ。
と言うことで、こいつを最初の一本としてチョイス。

さて、こうしてK-5IIsと僕の新たなフォトライフが始まった。
これからどんな写真と巡り合えるのか、楽しみだ。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-02-09 11:55 | その他 | Comments(0)
MDS-JA333ES
c0159952_22573711.jpg

僕はオーディオが好きで何台かの単品コンポを持っている。
その中の一台にMDS-JA333ESがある。
所謂MDデッキという奴だ。
こいつは2003年の中頃にCDプレーヤーやプリメインアンプと共に購入したもの。
SONYのESシリーズとして最後のモデルとなったMDデッキである。

そんなJA333ESだが、購入から1年で故障し無償修理をした経緯がある。
症状はMDディスクを乗せるトレーの動作不良等でMDが再生出来ないというもの。
その後は2年ごとに似たような症状で故障を繰り返した。
2度修理したが、さすがに3度目の故障時にはアホらしくなって修理せずにいた。
それからはパソコンオーディオやDVDプレーヤーのDACとして使用し現在に至る。

しかし先日、突然電源が入らなくなりそれっきり応答しなくなってしまった。
こいつぁ困った。。
PC→ASIO→USB-DDC→JA333ESのDAC、という流れは既に不可欠なもの。
加えてSONYの単品オーディオのヘッドホン出力の音質も定評があり捨てがたい。
最近はパソコンオーディオの流行りで、PCの側に置いて音質アップを図るDAC付きヘッドホンアンプ等も充実しているが、低価格な物だとあまり期待出来そうにない。
かといって音質重視の単体DACは5万円以上して予算オーバー。

色々検討した結果、JA333ESを修理に出すのが最も費用対効果が高いという結論に。
現在SONYでは定額修理を導入していて、MDデッキの修理は14,700円とのこと。
既に補修用部品確保の8年を過ぎていたが、無事修理されて戻って来た。
今回が最後の修理となるからか、ピックアップまで交換して貰えたのは有難かった。
また2年後に壊れるかもしれないが、DACとしてさらに数年使えれば良しとしよう。
それまで宜しくMDS-JA333ES。

それにしてもMD、まさかカセットより先に市場から消えることになろうとは。
圧縮音源はMP3、ポータブルオーディオはiPodに取って代わられて久しいので仕方ないとは言え寂しいものだ。
久々に録り貯めたMDを聴いていると当時の思い出も一緒に流れて来て懐かしい。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-02-05 22:58 | その他 | Comments(0)