<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
おさんぽ
c0159952_223329100.jpg

この日は午前中にぶらっと近場を散歩。
前々から車で通り過ぎる度に気になっていた場所を目指して歩いた。
そこは、小さな林に囲まれた真ん中から一本だけニョキっと伸びた木が見える場所。
「もしかしたら神社があるのかも」と思い辿り着いたら、やはり春日神社という名の神社があった。
遠くから見えていた木はこの神社のご神木だったようだ。
そっとお祈りをし、引き続き1時間ほどの撮影散歩を楽しんだ。

c0159952_23103650.jpg

c0159952_2324422.jpg

c0159952_23404880.jpg

c0159952_2325507.jpg

c0159952_23271687.jpg

c0159952_23273921.jpg

c0159952_23284192.jpg

c0159952_23291257.jpg

c0159952_23292857.jpg

c0159952_23295183.jpg

c0159952_23301530.jpg

c0159952_23305195.jpg

c0159952_2331774.jpg

c0159952_23315321.jpg

c0159952_233233100.jpg

c0159952_2333311.jpg

c0159952_23334580.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-11-30 22:27 | 風景 | Comments(0)
ASUKA THE FUTURE
c0159952_23451984.jpg

11月15日の夕方、僕は石舞台地区へと向かった。
目的は、石舞台古墳で催されるプロジェクションマッピングを観るためだ。
僕は普段こういったイベントにはあまり参加しないのだけど、仕事仲間の誘いで行ってみようかということに。

露店で軽く食事をした後、入場料を払い会場へと足を進める。
久しぶりに間近で見る石舞台はやはり巨大で、その存在感は健在だ。
席に着くと、やがてナレーションが流れ、一人の男が巨石の前に現れた。
男は音と共に舞い、巨石には様々な映像が映し出されては消え行く。
僅か15分ほどのパフォーマンスであったが、なかなか楽しませてもらった。

c0159952_0594387.jpg

c0159952_117543.jpg

c0159952_164836.jpg

c0159952_1231310.jpg

c0159952_1114324.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-11-28 23:34 | 巨石・奇岩 | Comments(0)
COSMOS
c0159952_08260.jpg

c0159952_0101169.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-11-20 23:58 | 風景 | Comments(0)
QUIT30
c0159952_23243577.jpg

この日はTM NETWORKのライブを観るために大阪はオリックス劇場へ。
実は僕は20年来のTMファンなのだ。

僕とTMの最初の出会いは、他でもない「GET WILD」。
シティーハンターのエンディングテーマだったこの曲を聴いた瞬間、感性の歯車がガッチリ噛み合ったのを憶えている。
それ以来ずっと、CDを聴きあさり、新譜が発表されると必ず購入して来た。
他の色々な音楽を聴きながらも、戻ってくる場所はこの三人組ユニット。

そんなTM NETWORKだが、今年2014年が記念すべきデビュー30周年。
TMのライブに参加するのは、2004年のDOUBLE-DECADE TOUR以来、二度目だ。
今回の30周年にあたって、「QUIT30」という新作を発表し、ライブもそのコンセプトに沿ったツアーということのようである。

結論から言うと、「来てよかった!」の一言に尽きる。
ライブ全体として、組曲QUIT30を軸に往年の名曲を織り交ぜるという流れでメリハリがあり、当然のことながら飽きることなく最後まで一気に楽しめた。
QUIT30はプログレ色の強い組曲で、CD音源より数段じっくり迫力を持って聴かせ、ライブでこそ真価がわかるような演奏であった。
「GET WILD」や「Self Control」では会場全体がノリノリで一体となり、そこに「Alive」や「I am」といった新しい曲もまったく遜色なく溶け込み、大盛況。

やはり、ライブは素晴らしい。
特に今回は「色々なことを乗り越え今がある」という事を感じられたライブだった。
個人的な思いもあってか、途中感極まって泣けて来た瞬間があったのは内緒だ。
今回が最後かもしれないと参加したが、やっぱりまた行ってみたい。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-11-07 23:21 | その他 | Comments(0)
Poor Audio
c0159952_21461943.jpg

僕は音楽を聴いたり映画を観るのが好きで、暇を見つけてはそれらを楽しんでいる。
限られた予算の中で臨機応変に機器を選び、低価格ながらそれなりに拘りのあるシステムを構築して来た。
ピュアオーディオと言うより、プアオーディオと呼ぶ方が相応しいかもしれない。

そんな我がシステムだが、先日数年ぶりにアップデートすることにした。
結論から言うとテレビとスピーカーを買い換えた。
テレビは長らくVictorの32型ハイビジョンブラウン管テレビを使っていたわけだが、特に不満があったわけではない。
というのも、僕はテレビ番組はニュースぐらいしか見ず、もっぱらDVDのモニターとして使っていたからだ。
しかし、今後アナログテレビの処分を考えると今のうちに手を打っておいた方が良いだろうと、今更ながら液晶テレビへバトンタッチすることに。

とは言え、テレビに高額投資する気は毛頭無いのでオークションで手頃かつ評判の良いものを選ぶことにした。
選んだ機種はTOSHIBAのフルハイビジョン液晶テレビLED REGZA 37Z1。
数年前の機種だが、その画質は今でも十二分に綺麗だと思う。
また大きさ的にも丁度良く、とても満足している。

ついでにPioneerのブルーレイプレーヤーBDP-320も入手。
こちらも今更の感想であるが、やはりブルーレイは高画質という言葉に尽きる。

そして、スピーカー。
今まで使っていたのはONKYOのD-55Fというもの。
デザインも音も気に入っていたのだが、スコーカーのゴムエッジが劣化してボロボロになって来ていた。
ちなみに2年程前にウーファーが同様にボロボロになったが、そのときは自作エッジを使い修理した経緯がある。
かれこれ10年近く使っているし、もう少し小さいスピーカーが欲しくなったので買い換えを決意したわけだ。

プアオーディオの法則に従い、出来るだけお金をかけずに良い音のものを選ぶ。
となると、やはりオークションか中古オーディオ店、あるいはハードオフという流れになる。

候補にピックアップしたのはKENWOODのLS-11EX、LSF-777、LSF-555。
VictorのSX-500DE、そしてSONYのSS-G33。
前者のKENWOODの三つは何れも名機との評判で、僕もかつてLSF-555を所有していたので大体の音質は解る。
しかし、調べているうちに後者のSONYのSS-G33がやけに気になって来た。
デザインも格好良いし、丁度オークションで美品が出ている。
マイナー機種だけに次はいつ出るか解らない、そう思った瞬間ポチッとしていた。
オーディオ機器はSONYのESシリーズで揃えていたので、そのあたりも決めての一つだった。

今回のスピーカー変更にともない、インシュレーターも新調した。
audio-technicaのハイブリッドインシュレーターAT6099だ。
6個1組で、スピーカー下それぞれに3点支持で設置。

結果、高音はなかなか煌びやかかつ伸びがあり、低音もタイトながら丁度良い塩梅で僕の好きなフラット系の音で非常に気に入った。

今回久しぶりのオーディオ弄りをしてその楽しさを思い出した。
完全に自己満足の世界、だがそれが良い。
[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-11-06 21:46 | その他 | Comments(2)
彼岸花2014@備忘録
c0159952_23573771.jpg

時が経つのは本当に早い。
気付けば今年もあっという間に時が過ぎ、冬の足音すら聞こえてきそうな気配。
写真は気が向いた時に撮っているが、どうもブログにUPするのを怠けてしまう。
備忘録としてまた時間がある時に「補記」していこうと思う。
手始めに今年撮った彼岸花を数枚。

c0159952_23575526.jpg

c0159952_23582253.jpg

c0159952_23583738.jpg

c0159952_23585270.jpg

c0159952_23592012.jpg

c0159952_23593756.jpg

c0159952_23595385.jpg

c0159952_001161.jpg

c0159952_005487.jpg

[PR]
by yamatobito_yokki | 2014-11-05 23:54 | 風景 | Comments(0)