フォトブックをプレゼント
c0159952_00493441.jpg

カフェウェディングで撮影した写真をフォトブックにしてプレゼントした。
当日撮影した写真は400枚弱、その内の300枚ほどをレタッチしメモリーカードへ。
さらにその中から70枚ほどを選びフォトブックにすることに。

製作にあたっては、カメラのキタムラさんの「フォトブックリング」でお願いした。
これは通常のデジカメプリントされた写真をリングで纏め製本するというもの。
お店のその場で作ってもらえるので、サイズは小さいながらも仕上がりが非常に早く、手軽でなかなか高画質。
自宅モニターとお店プリントの色味の違いは、何度かKGサイズで試しプリントしてから「自動補正なし」で依頼した。
ということで、レタッチとレイアウトに結構時間が掛かったが、納得のいくものが作れたかと思う。

ところで、撮影自体は後から振り返ると「もっとあーすれば良かった」と思うことがあり、反省点も多々あった。
しかし、写真を手渡し「ありがとう」と喜んでもらえた時には、こちらこそ「ありがとう」と幸せな気持ちになれた。

[PR]
# by yamatobito_yokki | 2017-05-15 01:07 | その他 | Comments(0)
どうやらハズレを引いてしまったようだ。
c0159952_23594716.jpg

先日、ストロボを購入した。
理由は知人のカフェウェディングのカメラマンを依頼されたからだ。
信頼性を取って純正ストロボを選んだ。
が、数回しか使っていないのに故障したのである。
症状としては、通常P-TTLと表示されストロボ発光するのが、TTLとしか表示せず発光しないというもの。
TESTボタンを押すと発光はするので、カメラとの伝達に不具合があるようだ。

ということで、どうやらハズレを引いてしまったようだ。
僕のハズレ引きの確率は相当なもので、恒例行事と言っても良いかも知れない。
とは言え、ガッカリである。
まぁでも、少し早い健康診断と前向きに考えよう。

修理にあたってピックアップリペアも考えたが、やはり面と向かって人と話す方が良いと思い、「リコーイメージングスクエア大阪」まで出向くことに。
初めて訪れたわけだけど、規模は小さいながらも受付の人は親切丁寧で気持ちの良い対応をして頂けた。
カメラとストロボの両方を診てもらい、カメラの方は問題がなく、やはりストロボの不具合とのこと。
修理は10日程で完了するとのことで、受取りは郵送でお願いした。
機会があればまた訪れてみよう。

で、届いたので早速チェックしてみたが、問題なく機能しておりホッとした。
しかし本番中に壊れていたらと思うとゾッとする。
頼りにしてるんだから、これからもよろしく。

[PR]
# by yamatobito_yokki | 2017-05-05 00:22 | その他 | Comments(0)
LSF-777
c0159952_23432271.jpg

いよいよオーディオ熱<完結編>である。
実は、今回のオーディオシステム一新の少し前にスピーカーを買い増ししていた。
そいつの名はLSF-777、KENWOODの名機だ。
ハードオフで美品がお値打ちで出ていたので衝動買いした。
と言っても、以前に下位機種のLSF-555を所有していて、昔から憧れを持っていた。

このスピーカー、名機の名に恥じない、とても良い音がする。
良い音というか、心地いい音と言った方が良いかも知れない。
一言で表現するなら「リッチな音」がするのだ。
それはこのサイズとは思えない豊かな低音によるところが大きい。
音の印象は低音寄りのフラットと言ったところで、とてもナチュラルな音質。
高音域も刺激的な音は出さず、滑らかでクリア。

思った通り、ONKYOのオーディオとも相性が良いようだ。
LSF-777は低能率のスピーカーだが、A-9000Rはしっかり鳴らし切っている。
また、箱の作りもリアルウッドが使われていて高級感があり満足度高し。
今まで使っていたSS-G33とは対照的な音で面白い。
SS-G33では少な目の低音を補うためにスピーカーケーブルにCANARE 4S8を使っていたが、これをLSF-777でそのまま使うと低音が出過ぎ&高音がやや物足りなかったので、新たにaudio-technica AT-ES1500を購入することに。
すると思惑通り、低音がスッキリし高音も透明度が上がり見通しの良い音になった。
こんな風に好みの音質へと調整、試行錯誤するのもオーディオの楽しいところ。

と、まぁこんな感じでオーディオを一新したのであった。
PCで聴くハイレゾ音源が流行りつつあるが、僕はやはりCDプレーヤーで腰を据えて聴く音楽スタイルが好きだ。
CDを一枚取り出し、プレーヤーにセットし、CD一枚をまるっと聴く。
円盤をクルクル回してリアルタイム再生という聴き方はもう古いのかも知れない。
実際昨今ではCDプレーヤーどころかミニコンポすら無い家も少なくないようだ。
もっぱらスマホでYouTubeやダウンロードというのがポピュラーな鑑賞スタイル。
それはそれで便利で、実際僕もPCでソフト再生するというのは重宝している。
しかし、やはり僕は気に入った音楽は「物」として手元に置きたい派なのである。
かつて「ジャケ買い」という言葉があったように、ジャケットのアートワークも音楽と共に楽しみたい。

せっかくなので、ここで現在のシステムを記しておくとしよう。
CDプレーヤー ONKYO C-7000R
プリメインアンプ ONKYO A-9000R
スピーカー KENWOOD LSF-777
スピーカー SONY SS-G33
ヘッドホン audio-technica ATH-A900 earpad mod
ヘッドホン AKG K701 bass mod
オーディオケーブル audio-technica AT-EA1000
デジタルケーブル audio-technica AT6D49
スピーカーケーブル audio-technica AT-ES1500
インシュレーター audio-technica AT6099
オーディオラック Pioneer B-102
自作電源タップ Panasonic WN1512K
壁コンセント Panasonic WN1318K
[PR]
# by yamatobito_yokki | 2016-03-27 02:05 | その他 | Comments(0)